2018年12月10日

ラジオ番組のコーナースタート

ご縁に恵まれ、
FM-JAGAの番組のコーナーを担当させていただくことになりました。

Will開校15年目にして、
初の社会人塾生です。

一対一でDJに指導させていただけるのは、
とっても嬉しいです。

8941441741893'.jpg


8941444179013'.jpg


12月にして半袖で授業を受けています。
若いなぁ!

数学を再び学ぼうという
姿勢が素晴らしいです。
精一杯、応援させていただきます。

詳しくは、また後日書きますね。

Hiro
posted by パンダくん at 17:34| Comment(0) | 教室の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

いろんな土地を肌で感じたい

今、一番力を入れて取り組んでいることがあるのですが、
今年は実現できませんでした。

来年こそは、と思っていますが、
一気に実力が上がるものではなく、
コツコツ、継続していきたいと思っています。

目標が達成出来たら、
いろんな土地に行って、
この目で見て、その土地の空気を肌で感じたいです。


写真は7月に大阪に行ったときの写真です。

IMG_6579.JPG

IMG_6579 2.JPG


卒塾生にも会えたし、
たくさんの楽しい想い出が出来ました。


教える側の人間がいろんな経験をしなければ、
指導に厚みも出ないですし、
そのためには、堂々と対価をいただくべきだと思っています。

まわり回って、生徒指導に還元出来ると思います。

Hiro
posted by パンダくん at 18:34| Comment(0) | 教室の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

生徒の成長とは

仰々しいタイトルをつけてしまいましたが…。

生徒を指導していて、
心がけていることの一つを紹介します。


それは、学力面でも精神面でも言えることかもしれませんが、
「成長過程ではいびつな形状である」
ということです。

子供の頃、積もった雪で、雪だるまを作ったことが
ある人も多いと思います。

手で丸めた雪の玉を、
転がしていくうちに、
雪がくっついて次第に大きくなっていきます。

雪玉が小さいときは、形がきれいな円形ではなく、
大きくなっていく途中では、形がいろいろと変化します。

雪玉が大きくなるにつれて、
きれいな円形になっていきます。

生徒の成長過程を実に言い当てている表現だと思うのです。

いびつな時期は成長段階なのですが、
見守るべきときでありながらも、
形を整えてあげる時期でもあると思います。


指導者や親御さんの言うことが、
理不尽だったり、首尾一貫していないと、
生徒は成長を止めてしまうこともあります。

生徒は、言葉に非常に敏感です。


高校生にして、すでに人間的に出来上がっている、
と思うくらい立派な振る舞いの生徒もいます。


生徒への声掛けや距離感というのは、
本当に難しいものです。


僕自身、まだまだ、勉強です。

仕事前と寝る前は、必ず勉強するようにしています。

IMG_0221'.jpeg


途中で意識がなくなっていることが多く、
なかなか結果に結びつきませんが、
口先だけの大人なのか、
勉強しているか大人なのか、
生徒はよく見ています。

生徒の発言を毎日のように教室で聞いていますが、
生徒が大人を見て感じ、発している言葉は、
的を得ていることがほとんどです。

ちょっと堅苦しい話になってしまいました。
柔らかい話を付け加えると、
先生のモノマネが上手な生徒も多いです。

Hiro
posted by パンダくん at 17:54| Comment(0) | 教室の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

数学記号イラスト

今日も教室の掃除に行ってきました。

ルンバは便利なのですが、
きちんと仕事をしてもらうために、
床周りの整理整頓が必要です。


教室を開けたときの光景ですが…。

IMG_0162.jpeg

塾生(社会人)が描いてくれた
イラストボードを掲示しました!

IMG_0164.jpeg

θ、sin、cos、ω。
tanθ(=sinθ/cosθ)も表現されています。


高校生のときに苦手だった数学を学び直したいということで、
通っていただいています。

数年間のいろんなご縁があって、
今回の話につながっています。

出会いに感謝です。

Hiro
posted by パンダくん at 21:07| Comment(0) | 教室の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

副業(も)してました

今日は中間テスト2日目です。

午後から教室を自習室として解放しています。

今年は雪が降るのが遅いためか、
先週に続き、今日も自転車の修理依頼がありました。

8889387052583.jpg

自転車の修理と言えば、
パンク修理が一番多いのですが、
整備士の実技試験でパンク修理があるわけではなく、
特に教わったこともありません。

自転車屋さんで、店主の作業を何十回も見ているので、
自然と覚えました。

いろんな自転車屋さんのピットを拝見しましたが、
ほとんどのお店は同じメーカーの修理パッチを使っていて、
自分も同じものを使っています。

他のメーカーのものも使っていたことがあるのですが、
比べてみると、プロに選ばれる理由がわかります。

8889386949727.jpg


小・中・高校生が通っている場所に、
自転車の修理が出来る人がいると、
いざというときに役に立てると思います。

自分の自転車を整備やカスタムをするより、
生徒の自転車を修理するほうが、ずっと楽しいです。

塾生には特別料金で作業をしているのですが、
自分の好きなことで、
見返りをいただけるのは嬉しいものです。

資格も技術も一生ものです。
これからも役に立てるように、精進します。

Hiro
posted by パンダくん at 18:50| Comment(0) | 教室の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする