2022年07月02日

横のつながり

理科の質問を受けることがあるのですが、
理科のプリントの解説は、
数学で学習していることを前提にしていることが多いです。

今まで一度も僕と話したことのない生徒が、
ひとりで質問に来てくれました。
水溶液の濃度、溶質の質量、溶媒の質量の関係式を立てて、
例えば溶媒の質量を求める問題です。

求める値をxとおいてから式を立て
「分母を払って〜」
と説明していたのですが、
生徒の表情から
『そう言えば、中1では、まだ方程式を習っていない』と気がつきました。

問題が解けない要因は、
「百分率の式」を立てることだけでなく、
「1次方程式」を解くことにもあったのです。

わからないところをそのままにせず、
僕のところまで足を運んでくれた女子に感謝しています。


およそ2か月前に購入したバッグです。

IMG_6520.jpg

IMG_6521.jpg

やっと活躍し始めました。

Hiro
posted by パンダくん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック