2021年10月20日

腑に落ちる

高校生を教え始めた頃は、
指導方法を相談できる人がいなかったので、
大手予備校の先生の講義説明口調の参考書を買い込み、
気に入った先生の
VHSテープのビデオ講座を購入して勉強しました。
月曜日に高3の授業が入っていると、
前日の日曜日は授業準備に6時間くらいかかりました。
生徒に分かりやすい説明をしたい気持ちで、無我夢中でした。
日付をまたいで、夜12時過ぎまで質問に答えていたこともありました。

生徒の反応から学ぶことは多く、
今日も新たな発見がありました。

IMG_5520-1.jpg

生徒が発する「それってこういうことですか!?」は、
指導の宝になることがあります。
生徒から腑に落ちる説明を教えてもらえるのです。

僕の経験値が、またちょっと上がりました。
これからの指導に活かしていきます。

Hiro
posted by パンダくん at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。