2021年10月13日

過去問研究

入試対策や資格試験対策で、
過去問題を解くことが、最近特に多いのですが、
過去問題は最高の教材であると実感します。

「過去問題と同じ問題は出ないから、
過去問題をやっても意味がない」
という話を少なからず聞いたことがあります。

「答えを導く思考過程」を身につけることが大切です。
途中のプロセスを重視せずに、
「答えが合っているかどうか」だけに意識が向いていると、
問題集を繰り返し解くことに対して、
「答えを覚えてしまって、やる意味がない」
と感じるようになってしまいます。

幅広い年齢層を指導しているから分かるのですが、
あまり途中過程を重視すると、
かえって分かりにくい、
勉強の意欲が湧かない、
ということもあるので、難しいですが…。
数学に苦手意識がある生徒には、
厳密性を多少犠牲にしてでも、
答えにたどり着かせることが大切なこともあると思います。

いろんな生徒に接することが出来て楽しいです。


最近使っているマスクです。

IMG_5492.jpg

以前は箱買いしていましたが、
いろいろな製品が出てくるので、
ちょっとずつ試してみて、
お気に入りを探しています。
上の3つはどれも気に入っています。

明日は、進路決定に関わる重要な仕事が入っているので、
落ち着いて、取り組んできます。

Hiro
posted by パンダくん at 23:45| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。