2021年09月29日

「やる気」は迎えに行く

最近読んでいる本です。

IMG_4996.JPG

実は2を読んで、目からうろこだったので、
1を図書館で借りてきました。

「勉強のやる気がなかなか出ない〜」という人にはぜひ読んで欲しいです。

脳のメカニズム的に、
やる気にスイッチを入れるのはカラダなんだそうです。
「やる気が出たから、こぶしをあげる」のではなく、
「こぶしをあげたから、やる気が出る」のです。

もっと具体的に言うと、
やる気がなくてもとりあえず掃除機を出せば、掃除を始める。
気が向かなくてもパソコンの前に座ってスイッチをいれたら、文章を作り出す。

とっても、納得しました。
「掃除いやだなぁ」と思ってもいざ始めてみると、きれいになっていくのがうれしい。
めんどくさくても、しんどくてもその場に体を持っていくと、
脳が「ああやるんだ!」とだまされてやる気になるんだそうです。

勉強にも同じことが言えますよね。
疲れていてもやる気がなくても、とりあえず机に向かってみる。
ノートと教科書を開いてみる。
そのうちに自然とやる気スイッチが入ってくる。

きっと学校の授業や部活で疲れていたり、天気が悪い日などは
「塾に行くのめんどくさーい」ってこともあると思います。
でもいざ来て席に座って、みんなと授業を受け始めたら夢中になっていた。
って経験もあるのでは?

「やる気はじっとしていても出てこない。
カラダを動かして、初めてでてくる。」

Tomo
posted by パンダくん at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。