2018年09月23日

身体で覚える

期末テストが終わってから、
やる気に火がついたのか、
勉強の姿勢に感心する生徒がいます。

言葉だけではなく、実際に自分で考え問題を解き、
その上で質問してきます。

習い事や部活だと基本的練習を繰り返すのに、
勉強だと基礎を飛ばそうとする生徒がいるように思います。

何事も基本が大切です。
実際に行動に移せるか、も大切です。

生徒が「今度こそ勉強しなきゃ」
というのと、
大人が「ダイエットしなきゃ」
というのは、
ある部分では似ているところがあると思うのですが…。

ただ、(痩せる)ダイエットは、する必要がない人が
口癖のように言っていることも多いと思います。

でも、生徒の勉強は「必須」です。
健康な身体であれば、勉強しなくてもよい理由はないと思います。

どんな動機でもいいので、
言葉に出しているだけ、
心の中で思っているだけではなくて、
実行に移してみましょう。

小学生の授業も担当したことがあるのですが、
高校生になると、自分の心で自分の行動を決められると思います。
逆に、他人が指示したところで、
素直にやるような年齢でもないと思います。

意欲さえあれば、全力で応援します。
一緒にがんばりましょう!


さて、今日は、自転車の「再生プロジェクト?」をしてきました。

イメージはこうです。

img191.jpg

複数の廃車予定の自転車から、
使える部品を集めて、
走れる自転車を再生します。

廃業した自転車の店内で作業しています。

今日は電動アシスト自転車をバラバラにしました。
すでにサドルとバッテリーは外してありました。

IMG_7014.JPG

何度もバラしているので、
大抵のことは分かるのですが、
ローラーブレーキの外し方のコツなど、
プロに教わってきました。

IMG_7016.JPG

最終的には骨組みだけに。

IMG_7022.JPG

使える部品はとっておいて、
廃棄する部品は、
金属別に分けます。
鉄、ステンレス、アルミ、真鍮、プラスチックなどに分けます。

鉄にも1級、2級などの等級があって、
分けるのも結構大変です。

自転車はそれはそれはたくさんあって、
下の写真はその一部です。

IMG_7020.JPG


自転車を趣味にしている人は、
自分の自転車しか整備する機会がないと思いますし、
必要な工具も自分に必要なものだけ揃えれば十分ですが、
仕事となると、膨大な工具と知識が必要です。

非常に恵まれた環境に感謝しながら、
無理のない範囲で勉強していきます。


この「再生プロジェクト?」
すごく勉強になります。

Hiro
posted by パンダくん at 22:10| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。